犬の目的別におすすめのドッグフードランキング|ドッグフードラボ

MENU

オーガニックドッグフードとはどんなメリットがあるのか?

市販で販売されているドッグフードや、通販で販売されているドッグフードのセールスポイントだけ見てみると「オーガニック」という表示だけを見て安心していたりしていませんか?

 

オーガニックとは無農薬の原材料の事なのですが、オーガニック原材料を使用していたらでその他は添加物原材料を使用していても「オーガニックドッグフード」と表示することが可能なんです。

 

オーガニックドッグフードの正しい選び方で重要な3つのポイント

近頃ではドッグフードにおいてもオーガニック素材を使用する商品の開発が進み、入手できるようになりました。食事選びは犬の健康に直結する問題なので選び方の基準やポイントについて解析してまいりましょう。

 

ヒューマングレードの原材料を使用しているドッグフード

まず安全・安心な良質な主原料を使用して生産されている点を確認しましょう。可能であれば人間が食べても健康上問題の無い、ヒューマングレードを主原料に採用していることが望ましいでしょう。原材料の欄は明確な表示か否かをチェック。

 

無添加のドッグフードであるかを確認

犬の健康を損なう恐れのある粗悪な添加物が配合されていないことも必要な要素です。特に多いのは工場から消費者の手元に届くまでの期間を考慮して、粗悪な酸化防止剤が使用されていることが少なくありません。特に化学的に合成された酸化防止剤の配合の有無は確認しましょう。

 

主原料に穀物が使われていないか確認

そして主原料に穀物が大量に使用されていないのかをチェックしましょう。犬の消化管では穀物をうまく消化できないので栄養価は低く、小麦などはアレルギーの原因物質になっていることもあります。

 

オーガニックドッグフードの国産と外国産のコスパやおすすめは?

それではおすすめのオーガニックフードやコスパのほうはどうなっているのでしょうか?ここでは外国産と国産のドッグフードでおすすめの商品をピックアップしてみましたのでご参考にしてみてください。

 

外国産ドッグフードの中で特に人気があるのがモグワンドッグフード

外国産で人気が高いのは、モグワンドッグフードです。手作りレシピを元に開発されており、たんぱく源には新鮮なチキンとサーモンを使用しています。グレインフリーなので小麦のグルテンアレルギーや皮膚にトラブルを抱えている愛犬にも安心して与えることが出来るのが人気の秘密。1.8kg入りで3960円です。

 

国産ドッグフードの中で人気があるのはナチュロルドッグフード

外国産が多い中、国産で人気なのはナチュロルドッグフードです。日本産には珍しくグレインフリーで無添加にこだわっているのが特徴です。小麦を使用していないグルテンフリーでもあるのでアレルギー体質の愛犬の日々の食事に取り入れることができます。鶏・牛・馬・魚などの多様な原材料を使用することで良質なたんぱく質を与えることを可能にしています。

 

酸化を防止するために安全性の高い安定持続型ビタミンCを使用しているのも特徴です。1.7kg入り4980円です。

 

いずれも市販のフードに比べると高めですが、粗悪なフードを原因とする病気の治療費などを想定すれば、コストパフォーマンスはむしろ良いと評価できるでしょう。

 

オーガニックドッグフードの実際の評判は?

それでは実際にオーガニックドッグフードを購入された飼主さまの評判はどのようなものがあるのか、を口コミを解析していきましょう。

 

やはり素材についてはヒューマングレードのものが使用されていることが多いことから、食いつきがよく、痩せ気味だった体型も健康的になったとの声が多く寄せられています。市販の安いフード類では食いつきを良くするために香料を大量に使用し、粗悪な素材を主原料としているため、十分な栄養吸収をすることが適わず、虚弱で痩せ気味の愛犬の状態に悩む飼主さまもすくなくないようです。

 

「原材料をみて、人間が食べても良いものばかりで驚きました。安心・安全ですね。なかなか手作りフードを作ってあげられないので、とってもよかったです。」

 

食いつきの良さを追求して手作りのフード作りに挑戦してみたい方も少なくないでしょうが、栄養バランスを考慮すると、良質な主原料を使用したフードを選択するのがベストな選択になります。愛犬の健康のためには、オーガニックドッグフードがおすすめです。