犬に食べさせても良いものと悪いものってどんなものかを徹底解説!

犬の健康のためにはバランスの良い食事をしてあげることが大切です。基本的にはドッグフード主体の食事が理想ですが、時には人間が食べているものをあげる事があるかもしれませんよね。

 

ただ、絶対にダメだという事ではなく、犬には食べさせないほうがいいものもありますのでご参考して頂ければ幸いです^^

 

皆さんもご存知の方が多いと思いますが、タマネギは絶対にダメですね!犬がタマネギを食べてしまうと、血液中の赤血球が破壊されて、急性の貧血や血尿などを引き起こす可能性が非常に高いので気をつけてあげてくださいね!

 

犬が食べてしまうと悪影響をおよぼしやすい食べ物とは?

ここでは、犬に与える可能性が高い食べものや、とくに悪影響をおよぼしやすい食べものをリストアップしてまとめてみました。

○・・・ちょっとした配慮があれば、与えても問題のない食べもの
△・・・犬の体に悪いわけではないが与え方によっては悪影響のある食べもの
×・・・あきらかに犬の健康に害をおよぼす、害の可能性が高い食べもの

食べ物 詳細

評価基準

ブドウ・ほしブドウ 大量に食べてしまうと急性肝不全を起こして、最悪の場合は死に至ります。

生の魚 魚類には特別な毒性はありません。まぐろなどの赤身はおすすめできません。ヒスチジンの含有量が比較的多いためアレルギーを引き起こす可能性があります。

牛乳 乳糖を分解できないので、下痢になりやすいとされていますが、少量であれば心配はありません。牛乳はカロリーが高いのでガブガブと飲ませると太りやすいです。日常的に飲ませるのであれば犬用のヤギミルクや牛乳を水で薄めて与えるとよいでしょう。

鶏の骨(加熱したもの) 鶏の骨は加熱するととがった割れ方をしやすく、飲み込んだ後に胃腸に刺さる可能性があります。数ミリ程度まで細かくミンチ出来ればいいのですが、それ以外の場合は絶対にあげてはダメです。万が一の場合は開腹手術や内視鏡手術をするしかありません。拾い食いや盗み食いにも気を付けてあげましょう。

こんにゃく ノンカロリーなので、かさ増しをするダイエット目的でよく使われますが、犬は消化のできない食材の為、大きいまま飲み込むと胃がもたれやすいです。定期性体重の犬にはわざわざ与える必要はありません。

甲殻類・貝類 ビタミンB1欠乏症になる可能性があります。また、消化が悪く、下痢や嘔吐を起こしやすいです。ただしシジミエキスは肝臓保護のために与える場合があります。

ほうれんそう 結石の原因となるシュウ酸を多く含むので茹でてシュウ酸を減らすことが大事です。また、犬は繊維質の分解がとても苦手なので、ピューレ状に潰してあげないと消化不良のおそれもあります。鉄分摂取が目的の場合ならサプリメントの方が良いでしょう。

梅そのものは薬効効果があり、抽出成分がサプリにもなっているぐらい良い食材なのですが、一般家庭では与えにくいでしょう。丸ごと与えると種を飲み込んでしまうと、吐かせる処置が必要になってきます。市販されている塩漬けの梅干しは塩分があまりにも多いため食べさせないほうがいいでしょう。

はちみつ 低血糖などで倒れたときなどに緊急処置として与える程度で、日ごろの食事にハチミツは必要ありません。ボツリヌス毒素による中毒症状が懸念されるので、与えない方がいい食材です。

豆腐・おから カロリーの低い食材として知られていますが、犬の世界ではそうではありません。健康被害は特にありませんが、毎日にように食べ続けている犬は徐々に太っていく傾向があるようで、ダイエットとしては逆効果です。ドッグフードにもしばしば配合されていますので太り気味の犬には控えた方がよさそうです。

チョコレート テオブロミンという成分の中毒症状が出る食べさせてはいけない食材です。症状は嘔吐、下痢、不整脈など犬によってさまざまで、命を落とすことさえあります。微量なら問題ないと言われていますが、個体差があるので人間の食べ残しも注意しましょう。ビターチョコの方がテオブロミン含有量が多く危険とされています。

たけのこ 健康面での悪影響はありませんが、栄養素の期待値が高くないので、特に与える理由がありません。消化しにくい食材なのでわざわざ細かく処理するのが面倒ならあげない方がいいぐらいの食材です。

アボガド 最近では一般家庭の食卓にのることも珍しくない食材で、食べたがる犬もいるかもしれません。しかし、アボガドには中毒症状を引き起こす成分が入っているため与えるのは避けた方がいいです。アボガド入り成分を配合したドッグフードもあり成分を調整しているので問題のないドッグフードもありますが、わざわざアボガドを入れる理由は私にはわかりませんが・・・

煮干し 魚介類に共通の水銀濃度の心配を除けば特に心配のない食材です。小骨はカルシウム摂取にもよいので、品質の良いものを少量だけ与える分は、犬も喜び歯も丈夫になる良いおやつです。ただし小骨といっても固いので犬が丸飲みしても問題のないサイズまでカットしてあげる必要があります。

ナッツ類 ナッツは古くなるとカビが生えてアフラトキシンという猛毒が発生する可能性があります。人間にとっては発がん物質ですが、体の小さい犬は致死することで知られています。消化も悪く胃にとどまりやすいので与える必要は全くありません。

 

緊急時に備えて用意しておくものをリストに!

@滅菌ガーゼ
爪などの止血などに使います

 

A消毒液
傷口の消毒用です。人間用の「マキロン」程度の弱いもの準備しておくと便利です。

 

Bウェットティッシュ
汚れがこびり付いている場合にそっと拭いてください。

 

C緊急薬・常用薬
常用している薬や使用中の療養食もなくなる前より少し前に準備しておきましょう。

 

D伸縮包帯
負傷した部位を保護するので使います。

 

E輸送用キャリーケース
急病時などに利用します。

 

F夜間救急病院とペットOKなタクシーの連絡先
緊急時にあわてて調べはじめては、手遅れの可能性もあります。事前に調べておきましょう。