オリジンのドッグフードは安心安全なドッグフードなのかを徹底分析

MENU

オリジンのドッグフードは安心安全なドッグフードなのかを徹底分析

世界的にも評価の高いオリジンドッグフードでご存知の方も多いと思います。オリジンドッグフードはグレインフリーはもちろんの事、粗悪な添加物も使用しない徹底ぶりで、愛犬家の中でも有名なドッグフードで、様々な種類のドッグフードが販売されています。オリジンには6種類のドッグフードがり小型犬〜大型犬、子犬用・成犬用・老犬用から選ぶことができます。

 

世界的にも評価の高いオリジンドッグフードですが、実際のところはどうなのか?原材料や口コミ評価を徹底的に分析して評価しましたのでご参考にしてみてくださいね。

 

口コミ評判でも人気のオリジンドッグフードとは?


販売会社 有限会社アカナファミリージャパン
ドッグフード種類 ドライドッグフード/総合栄養食/ヒューマングレード
適応犬種/年齢 全犬種対応/パピー、アダルト、シニア用から選択
参考販売価格 オリジンパピー(小型子犬)2.27kg 5616円

オリジンパピー(大型子犬)13kg 22680円
オリジンアダルト(成犬用)2.27kg 6156円
オリジン6フィッシュ(全犬種用)2.27kg 6804円
オリジンレジオナルレッド2.27kg 7344円
オリジンシニア(老犬用)2.27kg 6156円
※価格は税込みです

定期コース なし
生産国 カナダ/ チャンピオンペットフーズ社
主原料  全シリーズ
穀物  不使用(グレインフリー)
酸化防止剤  ビタミンE

ライフステージ別の比較表

オリジン/ステージ パピー/子犬 アダルト/成犬 シニア/老犬
パピー(小型犬)

パピー(大型犬)

アダルト

6フィッシュ

レジオナルレッド

シニア

 

オリジンのおすすめポイント
  • 新鮮な肉・野菜・フルーツへのこだわりを徹底している
  • 全シリーズに動物性タンパク質が豊富なドッグフード
  • 全シリーズにグルコサミンコンドロイチンが豊富
  • 成犬の種類が豊富で好みの原材料を選べる
  • 世界的に評価が高く安心で安全なドッグフードで有名

 

オリジン6フィッシュの原材料と成分

ここでは6フィッシュの原材料と成分を分析していきたいと思います。

原材料

新鮮丸ごとサーモン、新鮮丸ごとニシン、乾燥サーモン、乾燥ニシン、乾燥タラ、新鮮丸ごとカレイ、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮骨なしノーザンパイク、新鮮骨なしレイク・ホワイトフィッシュ、サーモン油、ニシン油、ひよこ豆、赤レンズ豆、緑レンズ豆、グリンピース、えんどう豆繊維、キャノーラ油、日干しアルファルファ、ヤムイモ、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン、発酵乾燥腸球菌フェシウム

成分値

たんぱく質38.0% 以上 脂肪18.0% 以上  繊維5.0% 以下 水分10.0% 以下 カルシウム 1.4% 以上 リン1.1% 以上 オメガ6/2.6% 以上 オメガ3/1.8% 以上 グルコサミン1250mg/kg 以上 コンドロイチン1000mg/kg 以上 代謝エネルギーは3980kcal/kg(250mlカップ1杯につき478kcal)

入っていたら怖い添加物はどう?

 

◎安心安全 △身体に害がないレベル ×危険

BHA(酸化防止剤)

BHT(酸化防止剤)

エトキシキン(防腐剤)

エキス

パウダー

ビートパルプ

副産物・ミール

香料甘味料

合成着色料

 

鹿肉を主原料にしているので低脂肪・低カロリー、そして食物アレルギーになりにくいのがキアオラベニソンの特徴です。また全シリーズグレインフリーのところも安心ですね!キアオラは鹿肉メインのドッグフードのほかに「ラム肉」「グラスフェッドビーフ」の2種類があります。

 

 

原材料や成分ともにトップクラスのドッグフードですが、関節ケア成分のグルコサミンとコンドロイチンがないところが少し残念でした。

 

犬にとって関節ケア成分は子犬の頃からしっかりと摂取したい成分で、成犬や老犬になっても関節や骨がしっかりとしている、していないでは大きな差が生まれてしまうのでマイナスポイントとなってしまいました。

 

さらに気になるのが、ヒューマングレードの表記がどこにも記載されていないのです・・・原材料や成分とも評価が高いドッグフードなのですが、ヒューマングレードではないとしたら評価がかなり下がってしまいます・・・

 

 

キアオラベニソンのコスパ詳細

キアオラベニソン 2.7kg 6600円(税抜)を購入した時のコスパを計算しました。
※価格はamazonを参考にさせてもらってます。

成犬体重(kg) 1日の給与量(g) 1日のコスパ
2kg 39〜68g 約95〜166円
4kg 65〜114g 約159〜278円
5kg 77〜174g 約189〜425円

愛犬の年齢・活動量・代謝・住環境などに応じて、適切な給与量は犬それぞれ違います。 まずは給与量の下限から始め、愛犬にあった調節をしていくことをお勧めします。

 

例)5kg ミニチュアダックスフンド 活発な子の場合
給与量174gなので1日のコスパは 425円
一カ月(30日)で425円×30日=12750円が必要になります^^

 

キアオラベニソンと同等商品のドッグフードをコスパ比較してみました!

成犬体重/給与量 キアオラ(97g) ファインペッツ極(50g) オリジン(90g)
5kg 約188円 約190円 約226円

ミニチュアダックス成犬5kg(運動量標準)で比較しています。給与量は各公式サイトの数値から算出して計算しています。

 

 

このようにキアオラとファインペッツ極、オリジンアダルトの同等製品を比較してみましたが、運動量が標準の子の場合は適正なコスパと言えます。ただひとつ気になるのが、ヒューマングレードの表記がどこにも記載されていないのです・・・

 

 

原材料や成分とも評価が高いドッグフードなのですが、ヒューマングレードではないとしたら評価がかなり下がってしまいます・・・

 

 

キアオラベニソン同等レベルの低脂肪、低カロリーのヒューマングレードでコスパが良いドッグフードがあるのも事実なので、安心安全さで選ぶなら下記のドッグフードランキングも参考にしてみてくださいね^^

 

 

キアオラドッグフードの口コミ評判

30代女性の口コミ 7歳ミニチュアダックスフンド
総合評価★★★★★
老犬になるにつれて下痢や嘔吐が増えたミニチュアダックスフンドにと思いネット調べて見つけたのがキアオラでした!嗜好性も高く、問題であった下痢や嘔吐もかなり減ってきました。品質と値段のバランスがいいフードだと思います。

40代男性の口コミ 3歳フレンチブルドッグ
総合評価★★★★
今のところ飽きずに食べてくれてます。私が購入した決めてがグレインフリー。穀物アレルギーにも安心して食べてもらえるかなと思い購入しました。今のところ食いつきもよく毎日食べてくれてます。

40代女性の口コミ 7歳コーギー
総合評価★★★★
原材料を見る限り余計なものは一切入っていないし、リコール歴も一度もない、材料や製造過程などもかなり高評価、手作り食を基本としている我が家ですが扱いやすく信用出来るフードです。毛艶やウンチの状態も良好ですよ!

30代女性の口コミ 5歳トイプードル
総合評価★★
定期的に購入していますが、賞味期限が前回より早いのはどうなのかな?商品の品質管理が甘いのかな?うちの犬は体も小さく、たいした量を食べられないので、ある程度の賞味期限がないと不安です。その他の対応には問題はありませんでしたが、すこし疑問を感じ今回は★2個とさせて頂きました。

関連ページ

キアオラ/ベニソン
キアオラ(kiaora)ベニソンを徹底解剖しました!キアオラには3種類の肉材料を使い3つのドッグフードで販売していますが、実際のとこ本当に安心なのかを徹底的に調べてみました!